キャビテーションお役立ち情報

ウエスト・太もも・ヒップ・二の腕など部位別の脂肪吸引

このページでは、キャビテーションではなく「脂肪吸引」の部位別の解説をしていきますね。


ウエストの脂肪吸引


お腹まわりはダイエットしても、なかなか細くなりにくい場所です。それだけに、脂肪吸引は効果がはっきりと現われるところとも言えます。


お腹の脂肪がつかめる人、下腹部がポッコリしている人、出産などで元に戻ってない人、くびれがない人、などお腹まわりにコンプレックスを感じている人には効果が期待できます。


施術方法は、おへそと骨盤上のシワあたりにカニューレを挿入して吸引します。脂肪が多ければ多いほど吸引しやすく、その効果がはっきりするようです。術後、2?3週間は腫れが残りますから、1、2回の通院が必要です。


太ももの脂肪吸引


太ももは若い女性などが最も気にする部位です。ミニスカートやパンツスタイルをバッチリ決めたいのに、パンパンになってしまっては憂うつになります。


太ももの吸引の成功は、医師の技術によるところが大きく、難易度も高い施術となります。事前に線密なカウンセリングをして、より高い技術を持つ経験豊富な医師のもとで行われることが必要です。


施術時間は、約2?3時間で、吸引箇所は内、外、前、後ろの4ヶ所程度。術後は、1?2週間ほど腫れが残りますから、1、2回の通院が必要となります。


ヒップの脂肪吸引


パンツスタイルで決めたいけど、ヒップがたるんできれいなラインが出なくなった。下着からヒップの脂肪がはみ出してしまう。などの悩みに脂肪吸引は効果があります。


たるんでいた部分の脂肪をヒップの上へ移動させて、ヒップアップさせる施術も可能なので、吸引だけでなく、こういった相談もするといいかもしれません。


施術は、ヒップと太ももの間のシワに沿ってカニューレを挿入する方法。2?3時間かかりますが、手術の跡はほとんど目立ちません。やはり術後は腫れが残りますので、1?2回の通院が必要になります。


技術が未熟なドクターだと脂肪を取りすぎるという失敗の可能性があります。脂肪を取りすぎると、ヒップが貧弱になって若々しさが失われる恐れがあります。クリニック選びには最大の注意が必要です。


二の腕の脂肪吸引


二の腕は、加齢とともにどんどん緩んで、脂肪の重さで垂れ下がってくる場所でもあります。この部分の脂肪はダイエットでは効果が出にくいので、筋トレで引締める人がいますが、筋肉をつけすぎても女性らしさを失うというデメリットにも繋がるので、難しい部位のようです。


たらっとした二の腕を見られるのがイヤで、タンクトップやノースリーブを着ないという女性がいますね。


二の腕の、脂肪吸引はヒジの後ろ側からカニューレを挿入して行います。この部分の脂肪組織は粒子が比較的小さく、細胞が壊れにくいという性質があるため、上まぶたや頬などの再注入用に使用されることもあります。


背中の脂肪吸引


背中の脂肪?。背中に脂肪がたくさんついている人は、全体に太っていると思われますが、この背中の脂肪を取り除くだけで、スッキリした印象になります。


背中で脂肪がつきやすい場所は、肩甲骨の下あたり。ここに脂肪がついていると、ブラジャーの締め付けなどで脂肪が盛り上がって、薄手のブラウスやTシャツなどを着た時に見えてしまいます。


脂肪吸引で、背中がスッキリすれば、全体に引き締まった感じになり、後ろ姿に自信が持てます。施術は下着に隠れる場所からカニューレを挿入し、30分ほで終わります。


ふくらはぎの脂肪吸引


ふくらはぎが太いことでコンプレックスを持つ女性はとても多く、学生時代にスポーツをしていた人などに特に多いようです。


ブーツのファスナーが閉まらない、細身のジーンズが入らない、スカートスタイルに自信が持てないなどなど、悩みはつきません。ダイエットしても、ふくらはぎには効果がなく、ほっそりした脚にあこがれ続けている人も多いようです。


脂肪吸引をすれば、美しいふくらはぎを手に入れることが可能です。しかし、ふくらはぎの施術は他の部位に比べて、難易度が高く、技術のしっかりしたクリニックで行うことが重要です。


顔の脂肪吸引


頬やアゴについた脂肪で顔が大きく見えて、悩みのタネになっているという人に顔の脂肪吸引が有効です。


頬についた脂肪は、耳の後ろから脂肪吸引する方法を取られることが多く、施術の跡もほとんど目立ちません。アゴは、アゴ下のシワに沿ってカニューレを挿入して吸引します。


施術時間は約30分くらいです。術後、約1週間ほどは腫れが残ります。吸引がうまくいかないと、フェイスラインがたるんで、老けてやつれた感じに見えてしまうことがあるので、熟練した医師の施術が重要です。


まぶたの脂肪吸引


まぶたの脂肪が多く、はれぼったい人などには、まぶたの脂肪吸引で問題解決ができます。


まぶたのライン上に数ミリ程度の穴を開けて、ピンセットで脂肪を吸引する方法が取られます。傷口は縫合しない場合が多いようですが、場合によっては縫合することもあります。


施術時間は約30分、傷痕はほとんど目立ちません。







人気のキャビテーションエステ 

 

キャビテーションお役立ち情報

 

セルライト解消のために

 

クレジットカード初心者